山梨県議会議員 遠藤 浩

「誇れる地域づくり構想」を発表します。

遠藤ひろし公式サイト

 山紫水明の地、西八代・南巨摩郡は、身延山久遠寺をはじめ、千年余の歴史を有する温泉や和紙をはじめとする文化資源が多くあります。物流の要衝として栄えた富士川、人の交流を育む身延線が大海へと続いています。
 狭隘な地形ながら、南アルプスの山々や富士川支流ごとの優れた自然景観や、文化に育まれ、気候を活かした地域特有の伝統野菜、地場伝統産業を有する資源豊かな地域です。 山梨県の南の玄関口として中部横断自動車道開通を契機に、これらの地域資源を共有し、協力し、発展を願い「誇る地域づくり構想」を発表します。

平成31年2月


平成30年6月議会 一般質問

遠藤ひろし公式サイト

 山梨県議会6月定例会は、6月19日から7月4日までの会期で開催されました。
 遠藤ひろし議員は、6月26日に登壇し、在宅医療の普及啓発と人材の育成、新たに導入される国の「森林環境税」への対応、中部横断道開通を見据えた企業立地などに付いて一般質問を行いました。

平成30年6月


「ゆるキャン△」聖地巡礼ガチ実感。

遠藤ひろし公式サイト

 アニメ「ゆるキャン△」のヒットを受け、アニメに登場した観光地などを訪れる「聖地巡礼」が盛況です。名前に親しみがある「浩庵」では、例年の3倍にもなる月もあるとか、キャンプの楽しみ方にも多様性があるようです。自然豊かなのどかな地ならではの、ゆる〜イ、キャンプで、癒しのひと時をお過ごしください。

平成30年6月


小澤開作講演会「世界平和を夢見て」

遠藤ひろし公式サイト

 世界の巨匠、小澤征爾さんの父開作さんは、市川三郷町の出身です。今年、生誕120年にあたり「郷土の偉人を学ぶ会」が、「白磁の人」の著者、江宮隆之さんを講師に招き講演会を行いました。征爾さんの弟・幹雄さんも会場にお越しいただき充実した後援会でした。江宮さんは今、小澤開作さんの生涯を描いた小説に取り組んでいるとの事。楽しみです。また、療養中の小澤征爾さんの1日も早い復帰を心からお祈りします。

平成30年5月


市川三郷町の国際交流29年

遠藤ひろし公式サイト

 平成2年から始まった市川三郷町国際交流事業です。今回は、市川大門地区のまちづくりの拠点でもあります旧二葉屋酒造を会場に行われました。恒例の基調講演は、アメリカ大使館領事のイアン・ヒルマン氏です。マスカティーン出身の彼は、市川三郷に来る前まで山も海も見たことがなく全てが新鮮だったと言います。地域の持つ潜在力を普段見過ごしている事に気づかされました。

平成30年4月


悲願の「金メダル」 富士急行スケート部と菊池彩花選手

遠藤ひろし公式サイト

 創部50年にして、悲願の「金メダル」を手にした「富士急行スケート部」です。日本中に感動と勇気を与えてくださった菊池彩花選手に心から、お礼とお祝いを申し上げました。「金メダル」への道則は、ち密な科学的根拠に基づく計算と日本人の他への配慮からなる奥ゆかしさだったと言います。お体と心を休めていただいて、今後のご活躍にご期待申し上げたいと思います。

平成30年4月


自作にて、ホームページをリニューアルしています。

 正直、今までのホームページが、乱雑になりすぎて更新をしていませんでした。
 今回、第20号県議会報告の返信ハガキにてご提案を頂き、スマホ対応可能な仕様で再編整理しています。ご提案に感謝いたします。新しい作成ソフトに四苦八苦しながらも自主制作に奮闘中。
 私の情報発信により、多くの方々に議会への探求心が芽生え、反映し、議会活動に取り組み、更なる進展へと成長する連鎖が正なる方向へ進むよう取り組んで行きます。

平成30年4月


紙のまち生き活きまつり

 「第12回紙のまち活き生きまつり」も、すっかり定着して来ました。
 市町村合併直前、市川大門の思い出を書き留めようと始まったイベントです。書道パフォーマンスも黎明期からのスタートでした。今後は、更なる飛躍が必要で、転換点ともいえるかもしれません。

平成30年3月


 
 

 
トップページ 議会の内容 課題/取り組み 議会報告 一般質問/議会の内容 お約束